思うこと。希求。それは…

最近ハマっているおやつ。

油揚げ焼き

時間もお金もかからずに、食べたい時にすぐに作れる、日本の伝統的な食材を使ったおやつ。

 

おやつと言っても甘くない、さりげなく小腹を満たしてくれる存在。

 

あぶらあげ。

 

そう、あぶらあげにはまってるんです。でも、ただの油揚げじゃなくてフライパンでカリカリに焼いた油揚げ。

 

フライパンでそのまま両面焼くだけ。これに甜麺醤をつけたり、「麹味噌ときび砂糖、酒、みりんでちょっと煮詰めて作った、ディップ」をつけて食べるのがほんとに好きなんです。タレを作るのが面倒くさいときは、みりん、酒は無しで、少量のお湯で溶いただけでもOK。

 

面倒くさいときでも、すぐにできる。だって焼くだけなんだから。

 

 

サクサクの食感と、香ばしい香り。これがたまらなくてパクパクいけちゃうんですよね。5枚とか普通に一度に食べてしまいます。

 

日本に生まれてよかった~(笑)と思える瞬間です。大げさだけど。

 

私は肉を食べないので、タンパク質を取ると言ったら大豆製品は欠かせません。体が勝手に求めているような感覚を感じるときがあって、大豆製品をこれでもかって食べたくなる時があるんです。

 

そんなとき、私はよく油揚げを食べていて、いろいろな調理法でいろいろな料理に使えますが、ただ焼くだけの油揚げステーキが私の中では今のところナンバーワンの調理法。油抜きはしないでそのまま焼きます。油が気になる?いやいや、この程度の油、なんてことない。旨味が逃げちゃうからそのまま。

 

カットして、一口サイズも。焦げ目つけて更に美味しく。サクサク、パリパリ、ジューシー。

 

 

必ず冷蔵庫に入っているのが油揚げってくらいな状態です。夜に小腹が空いたときにもあまり罪悪感を感じることなく食べられるのでありがたいんです。

 

油揚げといえば、福井県の福井市が日本全国の中で消費量1位らしいのですが、我が家での消費量もかなりのものなのではないかと。

 

油揚げを使ったレシピもいろいろとリサーチして、楽しむバリエーションを増やしたいなーなんて思っているんですが、でもやっぱり焼くだけに軍配が上がりそうです。

 

あくまで私の中で、ですが。

 

一口サイズにカットしてから焼いて、上品に食べるのも結構ですが、まるごと数枚焼いてかぶりつくのが”特に”好きです(๑´ڤ`๑)テヘ♡

 

 

NEW ENTRY

天国へようこそ
みんなが集えて自然のリズムが散りばめられた帰りたくなる場所づくり
身体によい食べ物という幻。自分の身体を知っているのは自分だけということ。
紫陽花
雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。
映画「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」観たら、未来を見ているような感覚になりました。
夕映えの海に浮かぶ鳥居
ボーとする時間があれば、たぶんなんとかなる。
エネルギーの高い言葉で心とつながりを強化する。言葉遊びしたくなってきた。
静寂の町
6月末の早朝。お散歩のゴールデンタイム。
敏感で繊細でいい。
敏感で繊細で感受性が強いって最高じゃないか。気を使うということは奉仕精神の最小単位だと思う。
地球と社会と個人の暮らし。世界は個人の暮らしの集合でできている。
マシュルームと玉ねぎ
とりあえずのランチ、とりあえずのディナー、とりあえずのおやつ。
一輪の水仙
欲を抑えたら、人生はもっと豊かになると思う。
世の中は相対的なもの。自分のイメージを作り出すための行動だけが意味を持つ。
ミニマリスト。目指したいのはミニマムじゃなくてミニマル。
感謝を忘れそうなときでも感謝できる存在。
どうせ、「立ち向かう力」みたいなの湧き出てくるから、逃げたいときはとことん逃げればいいと思ってる。
無意識のレベルで環境や人に優しくあるにはどうしたらいいのだろうと考えたりしてる。
おいしいベランダ
情動の風。春は情緒不安定?
油揚げ焼き
最近ハマっているおやつ。
星の王子さまの本
世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。
麻袋
心ときめくもの。
サンキャッチャー
暮らしを自然を意識して再構築してみようと思う。
多面的な世界の果てで。正しいも正しくないも流動的なもの。
ありのままにいるということの難しさみたいなもの
ハッピーのエッセンス。「自由」という状態が幸せのベースであると強く思う。
夕映え
自然の中の発見と出会いはそこら中に散らばっていて。
新芽の季節
春を迎えて、小さなベランダガーデンも少しずつ賑やかになってきました。
イントロダクション
雨降って、晴れたとおもったら、時々曇って、土砂降りの雨で、快晴。それで上出来。
菜食料理
生きるための営みと仕事を曖昧にしたい
人生は暇つぶしだ。
夕映えの桜
春ってあきないね。