思うこと。希求。それは…

大自然の中にマイガーデンを持ちたい

ガーデン

 

大自然の中に住居と大きな庭をもつことを一つの目標にしていて、そこで自分が作ったものを食べて生きて生きたいと思ったりしています。結構まじめなんです。

ロシアのダーチュニクみたいに。ロシアの8割の人は広大な土地を持っていて、そこに菜園や農園を築いて自給自足的な生活をしいてるそうです。

そんな人たちをダーチュニクと呼ぶらしいです。ここは日本なのでそうはいかないんですけど。

 

こんなことを書くと、年より臭いとかまだ早すぎるんじゃない?とか、誤解されてしまうかもだけれど、そうではなくてあくまでも生活の一部分での話なんです。生活の、人生の軸、基盤というか。

 

個人的にはとても大切なことだと思っていて、年齢や仕事は関係ないと思っているんです。

 

やりたいことや、やらなければいけない仕事は他にもあるし、勉強しなければいけないこともたくさんあります。そして自分自身、乗り越えなくてはいけない問題だってあります。

ただ、土に触れることを日常において、そして食べるものを人任せにしないという心構えのためでもあります。

 

 

別に隠居したいとかではないし、どんな形になるのかは分からないけれど、少なくともそれを生活の中に取り入れて、社会につながる仕事の仕方は別に考えて生きたいなって思っているだけです。

 

田舎に引っ込んで情報を遮断して生きていくんじゃなくて、なんども言うけれど土台ってことで、一部ってことで、決してそれが全てなわけじゃないってことです。

人にはあまり話したことはないですけどね。

 

 

 

きっと、厳しい現実を知らないんだろうし、甘いところもあるのかもしれないけれど、やってみないと始まらないし、単純に私の心がそこに導かれてしまう。

 

0から1にとりあえずは進まないと、何も育っていかないし、気づけないですしね。

 

私は農家出身じゃないし、大きな土地を持っているわけでもないので現実化するのは相当なエネルギーと計画が必要そう。

でも、作物づくりをビジネスにどっぷり結びつけるのは、私の中でちょっとアレルギー反応が出てしまう・・・。

なのでもっとパーソナルな感覚で考えています。

 

 

純粋に庭を作りたいのです。

 

北海道に将来土地を買って、菜園&ハーブ園を作りたいなって思っています。場所はまだまだ吟味しないとですけどね。

 

それが私の目標の一つ。

心のよりどころ。

生きる糧。

だったりします。

 

最近は農業に興味が出ている若者が増えているなんてニュースや、地方移住を希望する人が増えているという統計が出ているみたいだけれど、私も一応その一人という感じなのでしょうか。

でも、この流れは必然的な変化ですね。

 

一世代の前の人がたくさん頑張って経済を活性化させて技術を磨いて、素晴らしい国を作ってくれたことには敬意を表したいと思うし、必要な時代だったんだと思います。

でも、そのバランスが大きく偏り始めていて、そして、調和を重んじていた日本という国が一つのロールモデルを世界に示せるポテンシャルを秘めているからこそ、

テクノロジーと、自然や、心というものをどう調和してバランスの良い永続的な社会を作り出せるのかって課題のなかの段階の一つなんだと思ったりしています。今の変化は。

 

とにかく邁進してきた、物理主義というか、テクノロジー主義というか、拝金主義というか・・・

 

それらを終わらせて、

どう調和させるのか、どうそのポテンシャルを体現するのかって・・・。

そして、新しい時代や変革期に生まれてきている人たちが、今までの生活や概念、価値観に普遍性を見いだせずにうろうろしているのかも知れません。

 

私もそのひとり、欲がないというか、競争心がないというか・・・。

 

でも、欲がないからダメなんだよとか、もっと野心を出せとか言われて久しいけれど、野心がないわけじゃないんですよ。

世の中を良くしたいとか、貢献したいって欲はありますね。

でも、本質的な意味はどうして当たり前な世の中ではないのかなと思ったのが始まりです。

 

でも、その気持ちを私は当然なことだと子供のころから思っていたんだけれど、それが素晴らしいとか、優しいとかそういう言葉にされるとなんか違う感じがして…

 

私の考えていることは決して善いことではなくて、当たり前なんです。私の中では。

なんというのかな・・・あるべきこと、当たり前のこと、ただそういう社会じゃないんだと・・・世界じゃないんだと気づかされた時にとても悲しかったのを覚えています。

 

その気持ちを野心にして生きています。もっとも、そんな大層なものじゃなくて頭の片隅にあるくらいですけどね。

実際は自分のことでアップアップしていて、それこそ自己嫌悪に陥ったりします。綺麗ごとでしょ・・・って自分自身に吐き捨てたりもしますしね。

 

とりあえず

 

頑張ります。

 

 

essence-life.jp

NEW ENTRY

地球と社会と個人の暮らし。世界は個人の暮らしの集合でできている。
マシュルームと玉ねぎ
とりあえずのランチ、とりあえずのディナー、とりあえずのおやつ。
一輪の水仙
欲を抑えたら、人生はもっと豊かになると思う。
世の中は相対的なもの。自分のイメージを作り出すための行動だけが意味を持つ。
ミニマリスト。目指したいのはミニマムじゃなくてミニマル。
感謝を忘れそうなときでも感謝できる存在。
どうせ、「立ち向かう力」みたいなの湧き出てくるから、逃げたいときはとことん逃げればいいと思ってる。
無意識のレベルで環境や人に優しくあるにはどうしたらいいのだろうと考えたりしてる。
おいしいベランダ
情動の風。春は情緒不安定?
油揚げ焼き
最近ハマっているおやつ。
星の王子さまの本
世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。
麻袋
心ときめくもの。
サンキャッチャー
暮らしを自然を意識して再構築してみようと思う。
多面的な世界の果てで。正しいも正しくないも流動的なもの。
ありのままにいるということの難しさみたいなもの
ハッピーのエッセンス。「自由」という状態が幸せのベースであると強く思う。
夕映え
自然の中の発見と出会いはそこら中に散らばっていて。
新芽の季節
春を迎えて、小さなベランダガーデンも少しずつ賑やかになってきました。
イントロダクション
雨降って、晴れたとおもったら、時々曇って、土砂降りの雨で、快晴。それで上出来。
菜食料理
生きるための営みと仕事を曖昧にしたい
人生は暇つぶしだ。
紫陽花
雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。
夕映えの桜
春ってあきないね。
虹と空
未来を創造する方程式
ドイツ村のイルミ
光と心の共鳴は果てしない。
夕映えの海に浮かぶ鳥居
シンプルな世の中の法則
理想に向かって
理想論を語ることの大切さ。現実を言い訳にしても先には進めない・・・。そう思う。
黄昏と・・・
幸せも不幸も最後まで完結しないよね、きっと
仮想通貨が下層通貨に
ビットコインは利己的な目を拒絶する。支配や権力の分散のための現実的なプロセスの種蒔きだね。
ガーデン
大自然の中にマイガーデンを持ちたい