思うこと。希求。それは…

シンプルな世の中の法則

夕映えの海に浮かぶ鳥居

 

 

昔、高校生の頃に担任の先生からプレゼントされた本を読み返してみました。

この本を高校生に渡すなんて、今考えるとちょっぴり不思議。

その本は、少なくとも現代において、世の中の法則を手っ取りばやく簡潔に認識するにはとても敷居の低い啓発書だと感じたものでした。

 

当時はパラパラと読んだだけで、閉じてしまったのですが、先生が伝えたかったことを本に託したんだと思います。

高校生の頃、私は心を壊してしまって学校を自主退学したのです。今思い返しても辛かった青春時代。

子供の頃から感じていたいろいろな違和感が爆発したのです。

 

今なら、それらを抱きしめてあげられるくらいには大人になれたのかなと。

 

先生からのメッセージはきっとシンプルなものだったのでしょうね。でも当時、誰にも相談できずに私は心を閉ざしてしまったのでした。

 

そして、今その本を通して見つめることは多くあります。大人になった私はあの頃の私に叫びなさいと言いたいです。辛いことを辛いと言いなさいと言いたいです。

 

思考はどんどん現実を作っていくので、自ら問題をより複雑にしてしまうのです。

たとえ問題を抱えていてもそれらを解決に導く方法はたくさんあるはずなのに。

 

辛いことは辛いと、助けてほしいことは助けてほしいということが、原因を取り除く第一歩。

ましてや子供なのですから、素直に大人に助けを求めるべきです。

 

そのまま大人になると癒せる機会はどんどん減っていきます。

 

その本には原因と結果、もっと言えば宇宙の法則を知るには断片的であっても充分だと思える法則が記されています。

そしてより現実的。宇宙の法則を語ろうとするとき、科学的に論じられる風潮はまだ現代では少数で、どこか人はそれらを避けています。でも、光へと導くヒントはこういった精神的な法則の中にあります。

この本はそのことをシンプルに記してくれています。

 

どこかファンタジックになりがちな精神(意識)世界の話は今の世の中、避けては通れない真理が隠されていることは疑いようがないと今の私は感じています。

 

そして、むしろ避けてはいけない時代になっているように思います。

もちろんファンタジックな概念は逃げるためのものでもなく幻想に浸るためのものでもなく、ひきこもるためのものであってもいけません。

現実に立ち向かう原動力としなければいけないと感じます。

 

気持ちが大切なのであって、複雑で酷で単純にはいかない現実があるという事実は当たり前であり前提ですが、その思いを抱くことが現実をよりよくしていく現実的な活動の源になるということを忘れないために…多くの哲学はその形のなかに宇宙の法則をより認識しやすい現実レベルで包み込んでいるのだと思います。

 

宗教に身をゆだねる危険性が認識される昨今であり、宗教という形にこだわることなく人は気づける時代にもなっています。

大昔は人々の心が疲弊していたため、形としての宗教は確かに必要な時代があったかもしれません。

でも、現代で語るとき、真理や気づきは作られた宗教という形の中にあるのではないということは改めて私は感じています。

そんな現代だからこそ、それらのことを踏まえたうえで、

この本は私たちが認識できる常識や理論の中に落とし込まれ、決してファンタジックな内容ではないレベルに収まっているバランスの良い素敵な書だなと感じています。

 

今更なのですが、この本の中身をじっくりと見つめたのは大人になってからです。

 

ずっと埃にかぶっていたこの本は、私を守ってくれていたのかも知れません。

「原因」と「結果」の法則

essence-life.jp

NEW ENTRY

地球と社会と個人の暮らし。世界は個人の暮らしの集合でできている。
マシュルームと玉ねぎ
とりあえずのランチ、とりあえずのディナー、とりあえずのおやつ。
一輪の水仙
欲を抑えたら、人生はもっと豊かになると思う。
世の中は相対的なもの。自分のイメージを作り出すための行動だけが意味を持つ。
ミニマリスト。目指したいのはミニマムじゃなくてミニマル。
感謝を忘れそうなときでも感謝できる存在。
どうせ、「立ち向かう力」みたいなの湧き出てくるから、逃げたいときはとことん逃げればいいと思ってる。
無意識のレベルで環境や人に優しくあるにはどうしたらいいのだろうと考えたりしてる。
おいしいベランダ
情動の風。春は情緒不安定?
油揚げ焼き
最近ハマっているおやつ。
星の王子さまの本
世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。
麻袋
心ときめくもの。
サンキャッチャー
暮らしを自然を意識して再構築してみようと思う。
多面的な世界の果てで。正しいも正しくないも流動的なもの。
ありのままにいるということの難しさみたいなもの
ハッピーのエッセンス。「自由」という状態が幸せのベースであると強く思う。
夕映え
自然の中の発見と出会いはそこら中に散らばっていて。
新芽の季節
春を迎えて、小さなベランダガーデンも少しずつ賑やかになってきました。
イントロダクション
雨降って、晴れたとおもったら、時々曇って、土砂降りの雨で、快晴。それで上出来。
菜食料理
生きるための営みと仕事を曖昧にしたい
人生は暇つぶしだ。
紫陽花
雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。
夕映えの桜
春ってあきないね。
虹と空
未来を創造する方程式
ドイツ村のイルミ
光と心の共鳴は果てしない。
夕映えの海に浮かぶ鳥居
シンプルな世の中の法則
理想に向かって
理想論を語ることの大切さ。現実を言い訳にしても先には進めない・・・。そう思う。
黄昏と・・・
幸せも不幸も最後まで完結しないよね、きっと
仮想通貨が下層通貨に
ビットコインは利己的な目を拒絶する。支配や権力の分散のための現実的なプロセスの種蒔きだね。
ガーデン
大自然の中にマイガーデンを持ちたい