思うこと。希求。それは…

未来を創造する方程式

虹と空

「未来を”創造”すること」これを答えとした場合。

その方程式は二つあると勝手に作ってみました。

 

1 「悪いことが起きるかもしれないという”想像”」+「その悪いことが起きることを回避する方法、又は悪いことが起きてしまった場合に、それを解決する方法を”創造”すること」=「未来を創造すること」

 

 

 

2 「こんな世界になったらいいな、こんな技術があったらいいなという”想像”+「それを実現するための方法を”創造”する」=「未来を創造すること」

 

この二つ。

 

「未来を創造する」ということにおいて、悪いことが起きてしまうかもしれないという想像は、’単独’では存在することはできないと考えます。

なぜならばその場合、”不完全”な創造であり、方程式に当てはめれば、左項だけで、右項が抜け落ちているからです。

 

すなわち、悪い想像だけを発するのは、無責任であると同時に素敵じゃないということになるし、不完全な答えを発しているということになります。むしろ方程式に右項が抜け落ちているのでそもそも答えに辿り着きません。

 

答えはいつだって陽性でなければ意味がありません。それは人はいつだって前を向いて、よりよい未来を作っていくことを望み、そして生きていくことこそが真理だと思えるからです。

 

陰陽、二種類の方程式が存在しますが、結果はすべてプラスに転じる実装のみが答えとしては有効。

 

人を不安にする不完全な方程式を見つけた時は、右項を創造し、その答えを自分が作り出そう!!

 

よって、ありとあらゆる不安要素におびえる必要はなく、方程式に当てはめれば、それは答えではなく、答えを導き出す材料(左項)に過ぎないと言うことです。

 

ネガティブな予測は、結果でもなければ答えでもありません。

 

そうならないための情報にすぎません。

 

ね?そうでしょ。と、自分に言い聞かせています。

NEW ENTRY

身体によい食べ物という幻。自分の身体を知っているのは自分だけということ。
紫陽花
雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。
映画「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」観たら、未来を見ているような感覚になりました。
夕映えの海に浮かぶ鳥居
ボーとする時間があれば、たぶんなんとかなる。
エネルギーの高い言葉で心とつながりを強化する。言葉遊びしたくなってきた。
静寂の町
6月末の早朝。お散歩のゴールデンタイム。
敏感で繊細でいい。
敏感で繊細で感受性が強いって最高じゃないか。気を使うということは奉仕精神の最小単位だと思う。
地球と社会と個人の暮らし。世界は個人の暮らしの集合でできている。
マシュルームと玉ねぎ
とりあえずのランチ、とりあえずのディナー、とりあえずのおやつ。
一輪の水仙
欲を抑えたら、人生はもっと豊かになると思う。
世の中は相対的なもの。自分のイメージを作り出すための行動だけが意味を持つ。
ミニマリスト。目指したいのはミニマムじゃなくてミニマル。
感謝を忘れそうなときでも感謝できる存在。
どうせ、「立ち向かう力」みたいなの湧き出てくるから、逃げたいときはとことん逃げればいいと思ってる。
無意識のレベルで環境や人に優しくあるにはどうしたらいいのだろうと考えたりしてる。
おいしいベランダ
情動の風。春は情緒不安定?
油揚げ焼き
最近ハマっているおやつ。
星の王子さまの本
世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。
麻袋
心ときめくもの。
サンキャッチャー
暮らしを自然を意識して再構築してみようと思う。
多面的な世界の果てで。正しいも正しくないも流動的なもの。
ありのままにいるということの難しさみたいなもの
ハッピーのエッセンス。「自由」という状態が幸せのベースであると強く思う。
夕映え
自然の中の発見と出会いはそこら中に散らばっていて。
新芽の季節
春を迎えて、小さなベランダガーデンも少しずつ賑やかになってきました。
イントロダクション
雨降って、晴れたとおもったら、時々曇って、土砂降りの雨で、快晴。それで上出来。
菜食料理
生きるための営みと仕事を曖昧にしたい
人生は暇つぶしだ。
夕映えの桜
春ってあきないね。
虹と空
未来を創造する方程式