思うこと。希求。それは…

雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。

紫陽花

梅雨ですね。

雨の日はやる気が起きないですね。

 

もちろん私もその一人。そして科学的にも説明はできるようなので、決して怠け者というわけではないようなので安心しました。

良かったぜ。

 

いや、雨の日なんて関係ない!!そんなこと思ったこともないと仰るならそれは素晴らしいことなのでそのまま邁進してくださいな。

 

私は雨の日に憂鬱を感じるタイプなのです。

 

なので、見つめることにしました。雨の日を。

今までは何となくでしかなかった雨の日と対峙することにしたのです。

 

 

本来雨の日はヒーリング効果を得ることができる貴重な日です。

副交感神経が刺激され、リラックス状態に。なのに、憂鬱になるというのは、やらなきゃいけないことがあるのに強制的にリラックス状態にさせられてしまうというのが引き金になるのかなと。

 

個人差はあるみたいですけどね。だからこそ、雨の日をどう過ごすのかというのはかなり大切だったりします。私の中で。

 

低血圧の人は気圧の関係で辛いようです。

会社勤めの方は雨の日は憂鬱度マックスの状態で日常の支度をこなし家を出るのがつらいでしょうし、

フリーランスの方も、自分を律するのがつらいでしょうし(汗)

 

どうしたものか。

 

過ぎてしまえばこんなものかと雨の日も時間は流れるわけなのだけれど、

 

少しでも意識的に雨の日を過ごしたいなんて欲を出しちゃうものだから、雨の日の過ごし方と対策はなんだかんだ常に課題に上る。

私の中で。

 

カフェイン飲んだりとか(コーヒーとかマテ茶)、熱いシャワーを浴びて交感神経を刺激するとか、

 

いろいろあるにはあるようだけれど、結局は気休めで…

 

 

例えばお休みなら、もうおもいきりだらけてしまえばいいというのが私の今の結論。

 

晴れの日は、何かしなきゃもったいないというエゴが出てきちゃうけれど、雨の日は雨の日をどう乗り切ろうなんて考えずに、従ってしまう。だらだらと。

 

会社休んじゃう?だめか?な?いいんじゃない?そもそも、行きたくないのに行かなきゃいけないということ自体が不自然なんだもの。

 

なんてね。

 

本来の人間の生活からはちょっぴり不自然な日常を送ることが多い現代。そこから抜け出すために試行錯誤ですね。

 

だらだらな過ごし方としては、

 

お風呂にゆっくり入って思いっきりリラックスしてだらだら好きな本読んだり、DVDみたり

アロマを焚いて、しとしと降る雨の音をきいてみたり。

 

すきな創作活動をするのもいい。

 

 

もう、何もしなくても許される日だと思えてくる雨の日。何もしなくてもあせらなくていい雨の日。

 

そんな風に思えるようになりました。

 

燃えるようなプロジェクトを抱え仕事が刺激になっているような状態では、そもそもそんな憂鬱を乗り切る起爆剤はすでに持っているだろうしさ。

 

もう私は雨の日に頑張ったりしない、”さぼる”をすることにしました。

 

雨の日にどうしようかではなくて、雨の日にさぼるために、日頃から頑張っておいて、準備し、

 

やっときたな!雨の日!!なんて待ち遠しかったかのように出迎えるための対策をしようと思います。

 

雨の日の憂鬱の解消は、もう普段から始まっているわけです。

 

梅雨寒の今日は暑いお茶でも入れようかな。

 

 

essence-life.jp

NEW ENTRY

地球と社会と個人の暮らし。世界は個人の暮らしの集合でできている。
マシュルームと玉ねぎ
とりあえずのランチ、とりあえずのディナー、とりあえずのおやつ。
一輪の水仙
欲を抑えたら、人生はもっと豊かになると思う。
世の中は相対的なもの。自分のイメージを作り出すための行動だけが意味を持つ。
ミニマリスト。目指したいのはミニマムじゃなくてミニマル。
感謝を忘れそうなときでも感謝できる存在。
どうせ、「立ち向かう力」みたいなの湧き出てくるから、逃げたいときはとことん逃げればいいと思ってる。
無意識のレベルで環境や人に優しくあるにはどうしたらいいのだろうと考えたりしてる。
おいしいベランダ
情動の風。春は情緒不安定?
油揚げ焼き
最近ハマっているおやつ。
星の王子さまの本
世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。
麻袋
心ときめくもの。
サンキャッチャー
暮らしを自然を意識して再構築してみようと思う。
多面的な世界の果てで。正しいも正しくないも流動的なもの。
ありのままにいるということの難しさみたいなもの
ハッピーのエッセンス。「自由」という状態が幸せのベースであると強く思う。
夕映え
自然の中の発見と出会いはそこら中に散らばっていて。
新芽の季節
春を迎えて、小さなベランダガーデンも少しずつ賑やかになってきました。
イントロダクション
雨降って、晴れたとおもったら、時々曇って、土砂降りの雨で、快晴。それで上出来。
菜食料理
生きるための営みと仕事を曖昧にしたい
人生は暇つぶしだ。
紫陽花
雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。
夕映えの桜
春ってあきないね。
虹と空
未来を創造する方程式
ドイツ村のイルミ
光と心の共鳴は果てしない。
夕映えの海に浮かぶ鳥居
シンプルな世の中の法則
理想に向かって
理想論を語ることの大切さ。現実を言い訳にしても先には進めない・・・。そう思う。
黄昏と・・・
幸せも不幸も最後まで完結しないよね、きっと
仮想通貨が下層通貨に
ビットコインは利己的な目を拒絶する。支配や権力の分散のための現実的なプロセスの種蒔きだね。
ガーデン
大自然の中にマイガーデンを持ちたい