植物を育てるためのヒントや方法の備忘録。

生ごみから自家製堆肥づくり。循環の基礎を園芸に活かす。

露地栽培ももちろんですが、植物をコンテナ(プランターや鉢)で育てるとなると、土の栄養分もなくなっていくので何かしら栄養分や微生物を活性化させる施しがいずれ必要になってくるのは必須だと思います。

 

そういった意味でも、堆肥を自分で作って生ゴミも削減できたら、土壌改良にも役立てられるしゴミも削減出来て一石二鳥だし!!ということで自宅でコンポスト(堆肥)を作る方法をまとめておきます。

循環という言葉を意識したときに自分で堆肥を生ゴミから作るという営みは大切にしたいものですね。

ただ、ベランダで菜園をする場合と、私有地に菜園を作っている場合とでは規模も違うので方法も様々ですが、ベランダなどの省スペースでも、小さく小回りのきく作り方をメインに記していきます。

 

スポンサードリンク

有機物を分解してくれるのは微生物

生ゴミを堆肥化させるためには、有機物を分解(発酵)させる微生物が必要になります。この分解してくれる微生物は自然界には自然に存在しているものです。

 

これらは有用微生物群と命名され、通称EM菌と呼ばれて商品化されているものもあります。(この呼び方は造語なので一般的な学術的名称としては通用しません。)

 

また、これらの有益な微生物に米ぬかなどを加えてあらかじめ発酵させたものをボカシ(ボカシ肥)と呼んでいるようです。これらは生ゴミを堆肥化するための資材として売られていますが、それ自体も肥料として使われます。生ゴミ堆肥(有機堆肥)づくりにおいては、分解を促すための発酵促進剤として位置づけられると言えます。

 

もちろんなくても堆肥化することはできます。代用できるものとしては、微生物が含まれた土(山の落ち葉の下などの土には有益な微生物が多くいるようです。)や発酵菌(納豆やキムチなど)を用いて自分で作るボカシなどもあります。また、一般的な園芸用の培養土の黒土にも微生物が含まれています。

 

参考プロダクト

   あかぎ園芸 黒土 14L
   アーネスト 生ゴミ 処理 肥料 ぼかし

 

一番手軽!いきなり土壌混合法で堆肥化を図る

要するに、土に混ぜるだけ!!生ゴミの量が少ない場合は一番簡単なのでこちらがおススメ。

ご近所や衛生面を考えてもあまり、大胆な作業はしにくいのですが、容器を用意して土に混ぜるだけなので手軽と言えます。マンションやアパートなどはこちらのほうが良いと思います。

容器は段ボールや、プランター、プラスチックの容器やバケツなどで手軽に行えます。

古い土を再生も兼ねて基材として使う場合はそのまま栽培用土として使えるようになりますが、もちろんすぐに使えるわけではないので注意してください。分解されたことを確認したのちに熟成期間(放置期間)を設ける必要があります(一か月~程度が目安)。

 

用意するもの

基材

ピートモス黒土をメインにしてくん炭を適量。4:5:1くらいが目安。

※くん炭を入れると通気性が高まるので成功しやすくなります。それぞれの配合量は特に気にせずに半々でも目分量でもOK。

ピートモスの他にも落ち葉なんかでもOKです。有用微生物の餌となり増殖を促し、生ゴミの分解スピードを早めながらそれ自体も堆肥になります。黒土だけでも堆肥化はできるので、気軽に考えて!

 

(栽培し終わった古い土を利用するのもOKです。大きいゴロ石は取り除くこと推奨。根は分解されるのでOK)

 

容器

段ボール、プランター、プラスチック容器、バケツなど。手に入りやすいものを選んで。容器については下記に記載しています。

 

有機物

生ゴミや摘み取った花がら、葉っぱ類なども。

 

オプション

発酵促進剤としてのEMボカシや、有用微生物を含んだ有機質の土壌改良剤など。※古い土を使う場合は特に効果的

 

工程とポイント

用意した容器に基材を入れておきます。

 

日頃から溜めておいた生ゴミを入れます。

 

平らになるようにならしたり、適度に土と混ぜます。

 

生ゴミが隠れる程度に基材をかぶせます。コンポスターの大きさによっては、予め多くの基材を入れて混ぜ合わせて隠すようにします。(混ぜて切り返すのが一番理想的)

 

小さなコンポスターの場合は、スペースが小さいのでゴミが顔を出しやすいです。調合した基材は別の容器にストックしておいて、その都度基材を足してゴミを覆ったほうがスムーズだと思います。

 

乾燥している場合は水を少々加えて、湿り気を与えます。その都度出た生ゴミを入れる方が、適度に水分があるので簡単です。

 

※ミニブリキバケツなどに入れて貯めています。

 

生ゴミはある程度水分を含んでいた方が分解しやすいので、水切りもほどほどに。

 

時々、乾燥している場合は水分を加えて切り返し(土を上下に混ぜる)をします。この切り返しは早く堆肥化させるポイントと言えます。適度に酸素を入れることは発酵を促すと同時に、嫌な臭いの発生を抑えることにも繋がります。

 

古い土を使う場合や、分解を早めたい場合は、ボカシ肥や有用微生物が多く含まれた有機質の土壌改良剤などを少量加えると良いです。

 

土にきちんと覆われていれば臭いや虫もわきにくいです。蓋をしてしまうと通気性が確保できない場合、失敗しやすいのと、嫌な臭いが発生しやすいので、不織布で覆ってゴムで止める方法を推奨します。特にプラスチック容器などを使う場合。

 

コンポスターによっては蓋をしても大丈夫なものあります。重要なポイントは通気性です。完全密閉はしません。用意する容器や設置する場所によって様々な方法があるので記しておきます。

 

ライフスタイルに合わせて選べるコンポスター容器

「土に混ぜる場所」を設ければいいので、工夫すればコンポスターは多岐にわたると言えます。コンポスターとして市販されている容器を使うのも手軽で便利ですし、身近な容器を使ったり、手作りしたりも面白いですね。アイデア次第です。

参考プロダクト

   WORTH GARDEN 堆肥コンポスター 家庭菜園 有機肥料 落ち葉処理 (190L回転式)

 

プランター&鉢

2~3個、同じタイプのプランターを用意して、一つ目がいっぱいになったら、二つ目のプランターを重ねて蓋の役割も兼ねて、それもいっぱいになったら三つ目に・・・というように、熟成と分解のローテーションをつくります。通気性も確保できる上に虫除けにもなります。

 

ちなみに分解されると体積が減るので、一番最初のプランターを抜き取って上に重ねて使用していくイメージです。なので、ふるい土を再生しながらのコンポスターを目指したいなら一石二鳥な方法。

 

また、素焼きの鉢は通気性が抜群なので成功しやすいです。重いので重ねられない場合もありますが、適当な木製のフタなんかで覆っても通気性がとにかく高いので蒸れにくいです。

 

プラスティック容器

簡単に入手できる、プラスティックの容器やバケツを使うのも手軽です。

一人暮らしや生ゴミがあまり出ないなら、小さめの容器で十分と言えるので、コンパクトに扱える方が便利です。通気性を確保するために、不織布を口に被せてゴムで止めるなどの工夫をします。また、何箇所かキリなどを使って小さな穴を空けて通気性を確保しないと失敗します。最低限、底面には空けることを推奨します。

 

お庭があるなら大胆に大きな容器を設置

直接、土の上に設置するタイプのものです。田園型暮らしなら大胆にいけます。

もしくは、穴を掘ってそこを堆肥化する場所にしても。ワイルドで最も手軽と言えそうです。

どんどん生ゴミを土に混ぜてガンガン堆肥化できます。

 

段ボールコンポスター

ベランダや軒下で活躍します。雨が当たるところは適さないので気を付けます。

作り方も簡単です。蓋をしても通気性が保てるので、腐敗や嫌なニオイが発生しにくいです。手軽なのに成功しやすい方法です。蓋をしてもOKな一番コストがかからないコンポスターです。

 

DIYで自分なりのオシャレなコンポスターを作るのも楽しい!

ビジュアルが気になったり、庭やベランダのテイストに合わないなーと感じる場合はDIYしちゃうのもいいです。

通気性を確保した木製のコンポスターです。工夫するポイントを押さえて手作り!!大きさを自分なりに決めれば、小さなスペースやベランダでも可能と言えます。直接土の上に置く底がないタイプ、ベランダなどで活躍する底があるタイプなど、目的や場所に合わせて選択します。

ポイントは上部を密閉しないように通気性を確保するように作ること。

木製ミニコンポスト
作ろうと思った経緯 ベランダガーデンを楽しんでいるのですが、生ゴミからオリジナルの堆肥ができたら嬉しいなと思ったのが最初のきっかけです。 さらに、生ゴミがガッツリ出るわけではないので小さなコン

 

2段階式土壌混合法で堆肥化を図る

生ごみを発酵させてから、土に混ぜて分解!! これは田園型の生活など、隣近所と距離がある場合におすすめ。

 

この方法も、最終工程では土に混ぜて分解を促し熟成を図るという点で、上記のいきなり土壌混合法と同じですが、この方法は便利な液肥を取り出せたり、一段階発酵では密閉するので虫をより寄せ付けにくく、発酵と分解熟成の段階を分けることができるので、新しい生ゴミと熟成中の生ゴミ堆肥を分けられるのが特徴です。

 

ですが、適当にやっていると一段階目が失敗しやすいのもこちらの方法。さらに、密閉すると言ってもフタを空けた時にそれなりの匂いはします。臭いです。ぬか漬けは美味しいけれど臭いは臭いですよねって感じです。なので、大きなお庭などがない場合は、いきなり土壌混合法で作ったほうがリスクは少ないと思います。マンションなんかだと失敗した時に処理が面倒です。 ※匂いの感じ方には個人差あります。

 

容易するもの

発酵用容器

EMエコペールなど。家族人数によって大きさを変えてください。液肥(発酵浸出液)が取り出せるペールを使うと便利です。特に使える堆肥化を狙う場合は、二つ用意した方がスムーズです。

発酵促進剤

EMボカシなど

容器

バケツ、プランター、プラスチック容器、段ボールなど。自由に選択。

基材

古い土や黒土、上の土壌混合法で記載したものと同じもの。※古い土を使う場合は、大きいゴロ石や玉土はふるいなどで分けたほうが良いです。根は分解されるので気にしなくて大丈夫。畑にまく場合は気にする必要なし。

有機物

生ゴミや摘み取った花がら、葉っぱ類なども。

オプション

有用微生物を含んだ有機質の土壌改良剤など。(土に混ぜる段階で入れると熟成が早まります。)

 

第一段階の工程とポイント

生ゴミの一次分解&発酵を促します。密閉して仕込みます。衛生面を保ちやすいと言えるかもしれません。

 

この方法では水分が多いと腐敗する可能性が高まるので生ゴミは水をよく切り、なるべく細かくカットしておきます。ペールの中にカットした生ゴミを投入し、ボカシを一握りから適量入れます。ボカシの量は少ないと腐敗や悪臭の原因になるのでケチらないようにした方がいいです。

これを繰り返します。

 

発酵してくると発酵浸出液が溜まってくるので、下のバルブから取り出します。

これは500倍~1000倍に薄めて液肥として使用できます。また、トイレや流しの排水溝に流すと臭い消しにもなると言われています。

放置した状態でどんどんたまってしまうと、ペールの中で湿度が高まって腐敗や嫌な臭いの原因になるので小まめに浸出液は取り出した方がいいです。

 

ペールが生ゴミで満タンになる前で止めて、一週間くらい熟成期間を置きます。(次から出る生ごみは新しいもう一つのペールに入れていきます。)満タンにしないほうが後に土と混ぜるときに、適度な容器を選びやすくなります。自分なりに調整してください。

 

放置して出来上がったものが「ボカシあえ」とよばれる状態のものです。まだ堆肥として使うには分解が不十分です。

 

※発酵用ペールは土に混ぜて堆肥化する前に「発酵させるもの」、「液肥を取り出せるもの」としての位置づけです。発酵=堆肥化ではありません。使える堆肥と呼ぶには土に混ぜてさらに、分解&熟成された状態でなければなりません。

※畑(農地や私有地)を所持している場合は、この段階で畑の土を掘り、そこに「ボカシあえ」を埋めて熟成期間をとります。

 

第二段階の工程

上で記載した土壌混合法を行います。より効果的な堆肥(有機肥料)として使用できる状態に近づけていきます。1か月~3ヶ月くらいが目安でしょうか(季節によって変動あり)。ただ、土がカラカラに乾燥してしまうと分解が止まってしまうので、時々様子を見ながら水を加え、切り返し(土を上下に混ぜる)をしてください。その場合は液肥を加えるのも効果的ですよ。

 

虫の発生の予防と対策

暖かい季節になってくると虫が発生しやすくなります。気温が低い時期においては比較的問題にならない虫ですが、梅雨時期から適当に管理しているとコバエが発生しやすくなります。虫が発生することはある程度は避けられませんが、予防と対策を知っておけば冷静に対処できます。

 

①通気性と酸素が大切

土壌混合法において、虫が気になるからといって一番やってはいけないのが完全に密閉してしまうこと。結露やカビが出やすいだけでなく必ず悪臭が発生するので、密閉はしません。

 

蓋の代わりに不織布を被せてゴムなどで留めておけば、通気性を確保しながら虫を通さない対策になります。しっかりと切り返して酸素を送ることもまた、大切な予防策と同時に分解の促進にも重要な要素です。特に暖かい時期は虫も湧きやすいので一日一回切り返すことが理想的です。

 

②水分バランス適度に

適度に蒸発を促し、水分のバランスを保つことがコバエの発生を防ぐことにつながります。特に、水分過多になってしまうと虫だけではなく、悪臭も発生するので注意です。

 

特に梅雨時期などからは水分が滞りやすく、虫も発生しやすくなるので一日一回は切り返すのが理想的です。晴れて日光が降り注ぐような日は日向にコンポスターを置いて、しっかりと切り返して水分のバランスを整えます。

 

手でぎゅっと握るとまとまるが、離すとほろほろと崩れるような状態がベストです。逆に水分が少ない場合は木酢液などを薄めた希釈液を噴射して湿らせると分解スピードも上がって一石二鳥です。

 

③基材(ピートモスや黒土、燻炭など)と有機物のバランスを保つ

虫がわきやすい季節には基材として燻炭を多めに調合しておきます。通気性を確保しやすくなり、炭素のバランスも保ちやすくなって、結果として虫の発生が抑えられます。落ち葉や草を多めに投入するのも対策になります。

 

さらに有機物(生ごみ)をコンポスターに入れすぎないようにするのも大切です。分解スピードが追いつかなくなってきたら、生ごみを入れる量を減らしたり、新しいコンポスターを用意して、基材と有機物のバランスを保つように心がけます。

 

また、コンポスターが生ゴミで満タンになって切り返すのが面倒くさい場合は、ピートモスを表面に敷き詰めて放置しておくだけでも、虫は寄り付きにくくなるので参考にしてください。(切り返さないと分解スピードは落ちます。)

 

④忌避効果の高い自然農薬で対応

他にも少々のコバエが気になりだしたら、忌避効果のある木酢液やニームオイルなどの希釈液をスプレーするのも効果的です。

参考エントリー

 

木酢液
昔からの知恵として残されてきた木酢液。植物の栽培においても効果的な使い方があると伝承されてきました。特に、有機栽培に対しての貢献が期待されます。ここでは、木酢液についての概要や、使い方の参考を記載して
ニームの苗木
化学農薬の代替として期待されているものがあります。自然由来の力を利用するので有機農業においても選ばれているものです。 ニームはその一つとして家庭菜園や有機菜園に使いやすい病害虫対策として心強い味方に

 

また、あまりにもコバエの発生がひどい時は、焼酎やアルコールをスプレーして一時的にコバエを抑えるのも一つの方法です。これは一時的な対処で、根本的な解決ではありませんが生理的に耐えがたい状態が起きてしまった場合は効果的です。

 

その際、口に入っても安全なタイプの食品用アルコールを等を使い、工業用アルコールなどを使うのは避けます。堆肥の質が台無しになってしまうためです。

 

参考プロダクト

  ドーバー パストリーゼ77 5L 

 

堆肥の熟成期間

しっかりと放置期間を得ると、より細かく分解されて熟成し、乾燥させれば堆肥入りの培養土として保存も可能になります。この熟成期間の目安が難しいところなのですが、長く熟成させればさせるほどよいです。

 

目安としては、コンポスターがいっぱいになったら、10日程度は毎日切り返して適度に湿らせながら分解を促進させ、ある程度の分解が終わったら、2~3か月熟成期間をとるのが良いです。

 

コンテナ栽培でそのまま培養土としてすぐに使ったり、土に混ぜ込んで土壌改良&元肥として使うには最低でも2ヶ月は放置したほうが良いと思います。畑や庭に撒く場合は、ある程度熟成が甘くてもなんとかなりますが、その場合は混ぜ込まずに土の表面に撒くようにします。

 

秋口からなら、冬の間はじっくりと熟成させることになります。冬は分解がほとんど進まないので気長に行いましょう。すぐにコンポスターがいっぱいになってしまうのも冬。コンポスターを増やしたり工夫して乗り切ります。

 

頃合いを見て袋に移したり、培養土に混ぜ込んだり、畑にまいたり、カラカラに乾燥させて保存したりしながら循環を作っていきます。この辺りは個人差があるので、自分なりのサイクルを確立していってください。

 

 堆肥化する上で知っておいた方が良い生ゴミの種類

堆肥化をするうえで、腐敗や嫌な臭いの発生が比較的少なく、成功する確率がぐんと上がるのは植物性で柔らかいゴミです。煮たり細かく刻まれているものは分解しやすいと言えます。また、分解しにくいゴミ、入れない方が良いとされるゴミもあるので、確認のために記しておきます。

 

分解されにくいゴミ

根菜の皮(細かく刻むか茹でると分解しやすいです。)

卵の殻、貝殻(細かく砕きましょう。)

野菜の芯など(入れる場合は茹でたり、刻んだりした方が分解が早いです。)

生野菜(細かく刻みましょう)

分解されずにほとんど残ってしまうゴミ

落花生の殻

トウモロコシの芯

魚や肉類の骨

など

入れない方が良いゴミ

タバコ

塩分の強いもの

腐敗した生ゴミ

など

 

分解されにくそうな生ゴミはそれとなくイメージしやすいと思います。基本的に硬いものは分解されにくいです。また、衛生的でないと感じるものや人が食べられないと思うものは入れないようにします。全部ではないですが目安にしてください。動物性の生ゴミは虫や腐敗が起きやすいこともあります。

 

また「種」類を入れた場合は発芽する可能性がありますが、コンポスターの中で発芽した場合はそのまま分解されます。注意しなければならないのは堆肥として使用した際に発芽する場合もあることです。なので大きな種はできるだけ入れないようにしましょう。

 

上記一覧であげたものは、効果的で短いスパンで堆肥作りを望む場合は知っておいた方が良い重要な要素だと認識できます。

 

※プランター栽培などで堆肥を使う場合は、入れたゴミの原型があまりに残っている場合は取り除いてから使用したほうがいいです。

畑などにまく場合は、いずれゆっくりと分解されていくのである程度アバウトでも大丈夫です。

 

堆肥と肥料

結論を先に言うと、「堆肥」は土壌改良材として使われ、「肥料」は植物の成長促進のために使われる成分そのものというのが一般的な定義とされています。が、有機堆肥はやがて、土壌の中で植物が吸収しやすい栄養分(無機物)に分解されていくので、有機肥料と同定義で語られることもあります。ただ、堆肥を使用する目的は土壌改良としての割合が大きいということです。

 

化成肥料の場合は、無機物で構成された完全に栄養として吸収される成分(チッソ、リン、カリウムなど)を合成して作られているので堆肥とは完全に違うものになります。

 

無機物(化成肥料)だけを与えていても土は理想的な状態には変化していきません。そこで、活躍するのが有機堆肥。

土は腐植質を多く含んでいると団粒構造という植物が生育するのに適した理想的な土の状態になっていきます。この状態を作り出す手助けをしてくれるのが堆肥になります。また、土には多くの微生物が共生していて、解明されていないメカニズムも存在しているので、この状態を科学の側面から人工的に作り出すことの方が難しいと言えます。水耕栽培などは科学的な側面からのアプローチが積極的に行われています。

 

ここで作ろうとしている生ゴミを分解して熟成させたものは、有機堆肥になります。これは、やがて有機肥料の役割も担ってくれるものとして位置づけることができ、元肥として期待できます。

 

堆肥を作るメリットと出来上がった堆肥を使用する際のポイント。

ベランダで植物を育てている場合は土の処理に困ることがあります。土がどんどん増えていくのも困りものですので、古い土の再生と一緒に堆肥作りを行って、できる限り再利用ができるようにするとストレスも軽減されると思います。

 

一年草のハーブや野菜、花などは相性がいいと感じています。多年草や宿根草の植え替え時にも栄養たっぷりの堆肥を加えて土壌改良をしましょう。出来上がった堆肥と再生土を1:3くらいの目安で使うと効果的です。

 

三か月以上熟成(放置)されたもので、古土を基材として堆肥化した場合のものはそのまま栽培用土として使っても不安がありません。

黒土やピートモスを基材とした純粋な堆肥の場合は赤玉土などの基本用土を加えて使用します。また、しっかり熟成されたものは追肥としても使うことができます。オーガニック栽培にどんどん活用できますね。

 

※堆肥4に対して基本用土(赤玉土など)6が目安。

※未熟な堆肥は根腐れを起こすことがあります。よく熟成された堆肥は黒々としているので目安にしてください。夏場は比較的早めに熟成しますが、冬場は三か月以上熟成させるくらいが安心です。

 

ゴミの減量と土の再生を兼ねたエコなガーデニングライフをサポートしてくれます。積極的に堆肥作りを取り入れて、循環を意識した暮らしができたら理想的ですね。

 

essence-life.jp