デトックスウォーター(フレーバーウォーター)を作ってたしなむ。

贅沢な水

お水は人間の体の70%を担っている大切なもの。だからこそ健康維持や美容促進には欠かせません。意識的に、日頃からお水を積極的に摂取している方はたくさんいると思いますが、普段飲んでいるミネラルウォーターをちょっと贅沢なお水に変えてみるのはいかかでしょう。デトックスウォーターは海外では一般的で、もはや日常の一部になっているようです。

 

スポンサードリンク

デトックスウォーターって何?

デトックスウォーターは野菜や果物、ハーブなどをミネラルウォーターなどに入れて作るお水です。読んで字の如く、体の毒素排出をサポートするお水でもあります。ハーブや野菜の香り、果物の甘みがお水にほんのりと抽出されるのでフレーバーウォーターとも呼ばれます。

 

日本だと、例えば風邪のひき始めや冷え対策に飲まれる、生姜&蜂蜜レモンのホットドリンクを思い浮かべるとわかりやすいかもしれませんね。夏の熱中症対策や疲労回復効果を期待してのレモン水なんかも。白湯もデトックスウォーターと言えそうです。

 

そういったことからも、デトックスウォーター自体決して新しい概念ではありません。そして特別なものでもありません。そもそも、劇的な効果を期待するものではないですし、フィトケミカルという観点からも効果は緩やかなものです。

 

自然治癒力や、体が本来持っている自ら体調を整えようとする作用をサポートし、そして楽しむものです。

健康をサポートする役目を果たすという点では、まず水が体にどう作用するのかをおさらいしておくとデトックスウォーターがプラスアルファ楽しみながら日常に取り入れられるものであることがわかると思います。

 

そう、お水をただ飲むだけじゃつまらない!だからデトックスウォーターの彩に価値が出てくるわけです。美味しく水分を取り入れて基本のデトックスを促し、植物のフィトケミカルの力を享受しながら、果物やハーブの彩を楽しみ、さらにおしゃれ!な欲張りウォーターというわけです。

 

デトックスウォーターの作り方

レシピなんて堅苦しいこと考えなくてもただ好きなハーブや果物、野菜を入れて水を注げばいいだけ。です。多くのほとんどの果物にはポリフェノールやビタミンがたっぷり!でも、ちょっとこだわるなら工夫してみるのいいですね。

水はミネラルウォーターや天然水が理想的。水道水を使う場合でもカルキ抜きや浄水したお水を使うようにしましょう。

 

大容量でデトックスウォーターを作ってサーバーで楽しむのいいね!

基本的な流れ

 

煮沸消毒をした、ガラスや陶器製の好みの容器を用意します。

好みの野菜や果物を用意し、よく洗ってから適当な大きさにカットし、容器の中に入れます。

ミネラルウォーターや炭酸水を8分目くらいまで注ぎます。

冷蔵庫で一時間から一晩抽出してから飲むようにします。

 

2~3回までなら水を継ぎ足しながらデトックスウォーターを楽しめます。それ以上は果物の傷みや成分の抽出も減るので新しく作り直しましょう。

 

持ち運びもしたい場合は便利でオシャレなボトルもありますよ。

注意すること

作り置きは基本的にしないようにします。仕込んで一晩寝かせた場合でも、24時間以内には飲み切るようにします。一日の始まりに作って、その日に飲み切るか、前の晩に仕込んで次の日に飲み切るのが理想ですね。常温放置をすると雑菌が繁殖しやすいので、氷を入れるか冷蔵庫で保存しておきましょう。

材料も水5に対して果物1くらいの割合が目安。

 

レシピ紹介

 

疲労回復&風邪予防に効果的

 

ジンジャー&レモン

ショウガは皮を剥かずに薄くスライス。レモンも薄く輪切りにしたものを加えます。
肉体疲労が蓄積されると抵抗力も弱まってしまうので疲労回復効果の高いレモンとショウガをプラス。
ショウガは生が一番風邪予防に良いとされるのでデトックスウォーターに相性抜群。生姜特有の成分であるジンゲロールが疲労回復をサポート。さらにレモンのクエン酸効果で相乗効果を狙います。

 

ビタミンA&Cで美肌促進サポート

 

レモン&みかん&ミント

皮付きのままレモン、みかんを輪切りに、(みかんは皮を剥いて実をほぐしたものを入れてもOK)。ミントの葉を適量加えて出来上がり。

 

みかんの暖かいオレンジ色を形成するのは「β-クリプトキサンチン」という成分です。
これは、みかんを酸化などから守っていて、  体内に入るとビタミンAに。ビタミンには整肌効果が期待できます。さらにみかんとレモンのビタミンCをさらに合わせて美肌をサポート。ミントの清涼感がアクセントに。柑橘類は合わせると最強の美肌デトックスウォーターに。

 

活性酸素から体を守る

 

レモン&リンゴ&ローズマリー

皮付きのままレモンは薄く輪切り、リンゴも薄くスライス。ローズマリーは枝をそのまま加えます。
リンゴポリフェーノールは水溶性で抗酸化作用が強いのでおススメ。ローズマリーは抗酸化作用が期待できるハーブでスパイシーな香りがアクセントに。

酸味とリンゴの変色防止も兼ねてレモンをプラス。リンゴポリフェノール自体の酸化も抑制してくれます。

常に活性酸素は体内で生まれるので、一日に適度に飲めるデトックスウォーターでケア。

 

 

ワンポイント

水に成分が抽出されやすいように切断面を多くとるようにするのがポイント。例えば同じ量の果物を入れるにしてもより薄くスライスしたり、小さめにカットしたり。ブドウやマスカットなどを皮付きのまま入れる場合はそのまま入れるよりもちょっと皮に切り込みを入れたりすると成分が抽出されやすくなります。

たくさん作るときは丸ごと果物を使えますが、少量だけ作りたいときはタッパーなどにカットした果物をいれて冷蔵庫で保存しながらその都度作るようにしましょう。リンゴなどはレモン水に浸けて保存すると酸化を防げます。

果物を食べるついでにデトックスウォーターを作るのもいいですね。

 

どんな組み合わせでも、細かいことは気にせずに好きなフルーツやハーブを試して、オリジナルのデトックスウォーターを楽しみましょう。美味しいデトックスウォーターが出来たときは嬉しくなりますよ。適当に組み合わせただけなのになんとも不思議なフレーバーが誕生したりするんです!フルーツや野菜ひとつひとつのフィトケミカル作用を追求して、より本格的なデトックスウォーターづくりをするのも贅沢な営みになります。

 

余ったフルーツはジャムやチャツネにしてもいいかもね。

 

水に入れて抽出された果物の残りは捨てずに食べちゃいましょう。ミックスフルーツジャムにするのもいいですよ。

残った果物を鍋で煮ます。甜菜糖を加えてさらに煮詰めて完成。ちょこっとジャムをバケットなどにつけて美味しく頂きます。もちろん新しい果物に残った果物を足して作っても無駄がなくていいですね。

 

作るときに注意したい農薬のこと

デトックスウォーターの材料は皮付きのまま使いたいので、果物などの残留農薬は気にする必要がありそうです。そういった意味では、有機農業や自然農法による作物を使えると理想です。

日本では、有機農業による野菜や果物は比較的まだまだ少なく値段も高いので、一般的なスーパーでは手に入りにくいですが、探せば地元でも有機農業をしているところは見つかるはずです。出来る限り無農薬の作物を使いたいところなので積極的に利用することをお勧めします。地産地消にもつながるので一石二鳥です。

ただ、一般的な農業による作物でもしっかりと洗うことを意識したり、重曹を入れた水に浸ければある程度農薬を流すことができるので参考にしてください。

特に輸入品は、運搬の過程で作物が傷まないように消毒や防腐剤が施されることがあるので、なるべく国産にこだわりたいところですね。

 

※(有機農業でも全く農薬を使っていないわけではないので、ラベル表示や生産者の情報を確認してください)

 

重曹で農薬を洗い流す

大きめのボールに重曹を適量入れ2~5分浸けた後、よく洗い流して使います。比較的皮が厚い果物は少しこすり洗いをして念入りにすると安心です。キュキュっとね。

 

水はそれ自体が解毒の作用を持ちます。

モデルは水を一日2リットル以上飲んで美容をサポートしているという話を聞いたことがある人は多いと思いますがそれもそのはずで、水は解毒作用と新陳代謝の働きを助ける作用を持っています。

 

持っているというより水分がないと何もできないに等しいのです。70%が水分である人間の一つ一つの細胞の中は水を基にした水溶液で満たされ、円滑な栄養の取り込みを助けながら、代謝を行っています。水分が不足すると血液がドロドロになり、必要な栄養は細胞の隅々まで届かなくなり、老廃物も溜まりやすくなります。

 

綺麗になるために取り込んだ美容成分は細胞に届かず、老化を促す酸化物質は体外に出ていかずに溜まってしまうなんて本末転倒です。

水分がなければそもそも身体の様々な機能は円滑に働いてはくれないのです。だからこそ、水にはこだわりたいところです。

 

また、解毒された成分を体外に排出するために必要なものも水分です。利尿作用により解毒された成分を体外に出そうとする体の反応を促すには水の存在は欠かせません。

あまり、頻繁に尿意を催すのも問題ですが適度に利尿作用を司どってくれる水を適量飲んでバランスよく出すというサイクルはとても大切なのです。

 

健康や美を意識している人ほど、積極的にグレードの高い水をとっています。美と健康は一体なので、水をとるということは健康を促し、結果的に美しくなることにつながるのです。

 

理想的な水分の摂取量

身体の自然代謝により、一日に1.5リットル~2リットルは自然と体外に排出されているので、食事だけでは十分ではありません。さらにデトックスや代謝を高めるならなおさらです。

 

一日に理想的な水の摂取量は1リットル~2リットルと言われています。これは食事などから摂取できる水分量とは別に、水単体で摂取したい量です。

 

やみくもに水をがぶ飲みすればいいというわけではもちろんありません。適度に小まめに気づいたときに少しづつ水分を摂取するのが理想的です。

 

お茶やコーヒーなども水分と言えますが、利尿作用やカフェインの作用が強く出てしまうので、基本的な摂取量は普通のお水で摂るのが理想的です。

そこで活躍するのがデトックスウォーター。どうせ飲むなら美味しく。どうせ飲むなら相乗効果を狙いたい。そんな思いを叶えてくれる美容と健康をサポートするお水なのです。老廃物の溜まった水分を新しい水分に置換しましょう。

essence-life.jp