海藻と刺身コンニャクの甘酢味噌サラダ

材料

2人分目安

 

刺身こんにゃく  1/2~1丁

 

乾燥海藻  大さじ3程度 (わかめだけでも)

 

大根       1/8本

 

人参   1/3本

 

レタス   2~3枚

 

※大根、レタス、ニンジンは彩りとアクセントなので入れすぎないようにします。

 

甘麹味噌(作り方の参考)  大さじ3強程度  (麹味噌大さじ2、きび砂糖大さじ1でも。)

 

酢    大さじ2

 

オイル  大さじ1  (こめ油、サラダオイルなど)

海藻と大根の甘酢味噌和え

作り方

海藻を水で戻してよく水気を切る。10分程度。

大根、ニンジンは千切りに。刺身こんにゃくは薄切りにして一口サイズに。

レタスは水気をしっかり切って、ちぎっておく。

 

ボールにレタス、大根、ニンジン、海藻、刺身コンニャクの全てを入れ、塩一つまみを入れて軽く和えておく。

 

甘麹味噌とお酢、オイルを別の容器で混ぜ合わせてタレを作る。甘麹味噌は濃縮甘酒と味噌を1:1で混ぜ合わせたもの。参考エントリー

作ったタレをかけて全体に和えたら、冷蔵庫でしばらく冷やす。和えずにタレは最後にかけても。

器に盛り付けて完成。

定番のサラダと言えば海藻サラダですが、さらに酢味噌で食べるコンニャクを加えて、海藻のこりこり食感と一緒に美味しさ倍増で食べられる一品です。

 

根菜をいれて彩を加え、レタスもサラダらしさを引き立てるアクセントになっています。根菜は入れすぎると食感と味がぼやけるので控えめに。

 

レタスは多めでも酢味噌と合うので好みで量を調節。根菜なしでレタスと海藻とこんにゃくだけでもシンプルに美味しいですね。

 

サラダ全般に言えることですが、海藻とレタスの水切りをしっかりと行うことがポイントです。

 

こんにゃくは食べたいだけ入れても、カロリーコントロール中のサラダとして、お腹いっぱい食べられます。

 

今回は手作りした甘麹味噌を使っています。即席で美味しい旨味たっぷりの酢味噌でいただきました。

 

参考エントリー

麹の酵素と旨味たっぷりの発酵調味料
日本古来からの伝統食材。国菌にも指定されている麹をもっと暮らしのお供に。日本らしさをもっと現代の暮らしに。麹を使った発酵調味料の作り方はシンプルなので、無理なく暮らしになじみます。 発酵食品を何
essence-life.jp