カイワレ大根の白和え

材料

(作りやすい分量)

 

カイワレ大根  1束

 

木綿豆腐    1/2 丁

 

白練りごま   大さじ1

 

砂糖      大さじ1/2

 

塩麹      大さじ1/2

 

白みそ     小さじ1 (または薄口しょうゆ)

 

白炒りごま   適量

スポンサードリンク

カイワレ大根の白和え

作り方

豆腐をキッチンペーパーで包み、お皿に乗せてさらに重しをして20分程度置いて水気を切る。水気が多いと水っぽくなるのでしっかり目に。

カイワレ大根は生食するのでしっかりと洗うことが大切。ボールなどに水を溜めて、芽の部分と根の部分を交互にゆすり洗いする。何度か繰り返して種の殻なども取り除く。

 

 

流水で全体洗いをしたらしっかりと水気を切り、根をカットしておく。

ボールに水切りした豆腐をちぎって加え、スプーンなどでつぶしていく。さらに塩麹、砂糖、白みそ、白練りごまを加えて練り合わせる様に混ぜ合わせ、滑らかにする。フードプロセッサーなどを使うのも良いが、豆腐が粗く残っているのもそれはそれで美味しい。

作った豆腐の和え衣にカイワレ大根を加えて、全体に絡める。

器に盛り、好みで白炒りごまを振りかけたら完成。

ほうれん草の白和えも定番ですが、カイワレ大根はもちろん、アルファルファや自分で育てたスプラウトなどを食材とすると楽しみも広がります。

 

スプラウトは特に生食が適すので、白和えにすれば美味しく頂けます。いろいろなスプラウトを自家栽培するのにはまったら、定番のレシピとなりました。

 

作りたてはシャキッとしたカイワレの食感も楽しめます。ピリッとした辛みと白みそのコク、ゴマの香りが引き立てあって飽きない味に仕上がりました。とても美味しいです。

スポンサードリンク