暮らしのベースから変えていく

ナチュラル洗剤保存のポイント・あると便利なストック容器

ナチュラルクリーニングの洗剤が揃ったら、保存容器も工夫するとスムーズなクリーニングライフをサポートしてくれます。昨今は大容量で流通するナチュラル洗剤も出てきたので、まとめ買いすることも容易になりました。 大きな袋を出し入れして使うのも億劫なので、ちょうどよい保存容器に移し替えてストックしておくのがスマートです。

このページではナチュラル洗剤の保存のポイントに触れながら、保存容器をいくつか参考として紹介していきます。

スポンサードリンク

定番のガラスジャーでストック

ナチュラル洗剤は湿気に触れると分解してしまったり、固まったりしてしまうこともあるので、密閉できるガラスジャーは保存容器としては選択肢の上位に入ります。

好みのガラスのボトルやおしゃれなボトルを雑貨屋さんで見つけたら、入手しておくと気分も上がりますね。100円ショップなどでも入手できます。

特に重曹は吸水性が高く固まりやすいので、乾燥スティックなどを入れて保存しておくのが良いです。 クエン酸、セスキ、石鹸、過炭酸ナトリウムは、固まりにくいですが、もちろん湿気には気を付けて保存することは必須です。

クラフトジップロックなどでストック

クラフトジップロックや100円ショップなどでも入手しやすいクラフト袋などを利用するのも見せる収納として素敵。プリントされたクラフト袋などで保存すればカフェのようなおしゃれな雰囲気にも。

内側がアルミ製やシリコンなどでコーティングされたものを選ぶことで耐久性も期待できるのでお勧めです。また、立てて保存しておくためにも底はマチがあるものを選ぶのが良いですね。

過炭酸ナトリウムは密閉容器だとガスが重鎮して破裂することがないとは言えません。流通商品には空気穴が開いているので、保存の際もガスが抜ける穴があけられるクラフト袋は選択肢になります。

※全く使わずに密閉したまま放置ということもないと思うので、ほとんど起きないと思いますが、意識しておくこことは大切です。

※クエン酸や重曹などを保存する場合は穴をあける必要はないですし、チャックがついた密閉性を期待できるものを選んでください。 パッケージが統一されたナチュラルクリーニング洗剤セットなどもあるので、そういったものを選べばそのまま保存してもよいですね。

スプレーボトルは道具としても必須

保存容器と言うよりは掃除道具として必須になるスプレーボトルです。クエン酸水や重曹水、セスキ水、アルコール水などを作ったときに入れて使います。

重曹水は日持ちしないので一週間くらいで使い切るのが良いですが、アルコール水やセスキ水は作って置いておくことで掃除をスムーズに行うことができるようになります。

セスキ水などは大き目のボトルで作ってキッチンに置いておけば、都度掃除に大活躍です。 スプレーヘッドなど用意すれば、ペットボトルなどを利用することもできてエコです。

シュガーポットやはちみつポットでストック

ストック補助としても、掃除する際のスムーズさにも、つながる保存方法です。粉のまま振りかけて使いたいときにも便利です。

重曹やクエン酸はキッチンで活躍するシチュエーションが多いので、これらの保存容器で置いておくとさっと出して使えるので便利です。 クレンザーとして使いたい重曹も、ササっと出せます。分量を量りたいときも適量出してパパっと使えます。

とてもスムーズでスマートな掃除につながります。 セスキなどの粉末は洗濯洗剤としても優秀なので、ランドリールームの粉せっけんの隣に置いておくと大活躍してくれます。

ラベルを貼るのも忘れずに

ストックした容器にはラベルを貼ることで、識別しやすくしておくのも大切です。これをやらずにいると、どっちか忘れてしまうことも。クエン酸や重曹なら舐めて識別できますが、セスキや過炭酸塩を舐めるわけにはいかないので。掃除のモチベーションも落ちてしまうので、スムーズにさっと使えるように。

ラベルも自分なりに工夫して、好みのデザインのものを選んだり自作したり。ちなみに個人的には、余った剥がせる壁紙などを切り抜いてそれをラベルにしたり、木製のネームプレートを利用したりしています。