Rayfield

自然とつながる

自然のエネルギーをたっぷり蓄えている白神こだま酵母

オリジナルのパンや焼き菓子、発酵食品を自家製で楽しむときに必要な酵母。その中でも、この白神こだま酵母は、世界自然遺産にも登録されている「白神山地」のブナの原生林から発見されたとされている野生の酵母です。

砂糖や乳製品の使用を抑えたパン作り

パンや焼き菓子などを作るとき、柔らかさや甘い香りを楽しめるように砂糖や牛乳などを使うことが一般的ですが、この酵母には「トレハロース」という糖の一種が多く含まれ、保湿効果が高いため、たくさんの油脂やバターなどを使用せずにふっくらとした柔らかなパンを作ることができます。

砂糖の分量を抑えたり、バターや牛乳などの動物性食品を使わずとも深みのある美味しいパンを作ることができます。

乳製品のアレルギーを持っている人やヴィーガンの人でも、美味しいパンを作りたい時に選択肢になる貴重な酵母と言えます。

発酵力の強さも魅力で米粉や全粒粉のパンもふっくら

この酵母の生息地である白神山地は一年の半分の期間、大雪に覆われる厳しい環境でもあります。そのため力強い生命力にあふれた性質を持ち、-30℃で一年保存しても発酵力がほとんど失われない強さを秘めています。

他の酵母に比べても、白神酵母は発酵力の強さと持続力の高さが特徴で、小麦粉(グルテン)を抑えて米粉やソルガム粉など他の穀物をミックスしたパンを美味しくふっくら仕上げることができます。

パン作りの工程における種起こしや、予備発酵を省略してすぐにパンを焼けるくらいに発酵力が強くそして早いので、手軽にパンを焼きたい時に少ない工程でパン作りができます。

また、国産の小麦粉は一般的にグルテンの量が輸入小麦粉よりも少ないのが特徴とも言われています。そのためふっくらとしたパンが作りにくいこともあります。

積極的に国産の小麦粉や全粒粉を使った、身体に負担のかからない優しくて美味しいパンを作りたいという思いにこたえてくれるのも、この白神こだま酵母です。日本人の体質や風土に合ったパン作りを支えてくれます。