EssenceLife

本質生活

自家製コンポスト(堆肥)の熟成期間と使用する際の土の配合とポイント

自家製コンポスト(堆肥)の熟成期間と使用する際の土の配合とポイント

自家製のコンポストをガーデニングに活用しようと思う場合、すぐに使ってしまうと植物の根を傷めてしまうことがあります。そのため熟成の期間や土に配合する場合のポイント...more

液肥も取り出せるボカシ和えでたい肥化する方法

液肥も取り出せるボカシ和えで堆肥化(エコペール編)。土の再生にも活躍。

生ごみを発酵させてから、土に混ぜて堆肥化させる方法です。 最終工程では土に混ぜて分解を促し熟成を図るという点で、土壌混合法(一般的なコンポストのやり方)と同じで...more

ンポストの虫の発生の予防と対策。

自家製コンポストの虫の発生の予防と対策。

自宅でコンポストづくりをする際に、暖かい季節になってくると虫が発生しやすくなります。気温が低い時期においては比較的問題にならない虫ですが、梅雨時期から適当に管理...more

ガーデニングにも活躍のコンポスト。生ごみから自家製堆肥づくり(土壌混合法)

露地栽培ももちろんですが、植物をコンテナ(プランターや鉢)で育てるとなると、土の栄養分もなくなっていくので何かしら栄養分や微生物を活性化させる施しがいずれ必要に...more

木酢液

病害虫の予防にも効果的な木酢液の概要と使い方

昔からの知恵として残されてきた木酢液。植物の栽培においても効果的な使い方があると伝承されてきました。特に、有機栽培に対しての貢献が期待されます。ここでは、木酢液...more

コンテナ栽培における古い土の再生の仕方の基本。

  栽培の終わった土や1年~2年植物を育てた土は養分もなく、粒も細かくなって、排水性も悪くなってしまっています。雑菌や虫や古い根、ゴミなども混入してい...more

土の酸度調整する目的と改良資材

土の酸度調整の目的と方法。植物に適した土の酸度で生育を健全にする。

植物が健全に育っていくには、土の酸度に意識を向ける必要があります。土には酸性であるのか、アルカリ性であるのかという性質を帯びていくのですが、気候条件や肥料成分、...more

草木灰の概要と使い方

草木灰の概要と使い方。有機肥料としても土壌改良としても。

昔から使われてきた草木灰(そうもくばい)ですが、主に焼き畑農業など昔からの農法の副産物なもので、農業における重要な肥料づくりの元祖としての役割を担ってきたもので...more

ニームの苗木

ニームの概要と使い方の参考。虫の忌避効果が期待できる。

化学農薬の代替として期待されているものがあります。自然由来の力を利用するので有機農業においても選ばれているものです。 ニームはその一つとして家庭菜園や有機菜園に...more

イタリアンパセリの種採取

イタリアンパセリの種、採取方法。

  イタリアンパセリは、1年~2年草として分類されています。   一年目は葉が柔らかいのでトウ(花芽)が立ったら摘心して花を咲かせないように...more

唐辛子の編み込み乾燥

唐辛子(鷹の爪)の収穫とドライの方法。

花が咲いてから、2~3週間経つ頃から収穫のタイミングがやってきます。日数は目安なので、青唐辛子としてなら赤く染まる前に、赤唐辛子としてなら赤く染まったら、タイミ...more

植物の栽培における肥料と与え方の基本

地植えなどでは肥料を与える必要はないと言われますが、それは落ち葉や有機物が微生物などの働きによって分解され、養分の供給が自然の循環の中で行われているから。特にス...more

無農薬栽培のための自然農薬。害虫&病気対策溶液のまとめ。

植物を育てている以上、虫はつきものです。虫が食べに来るのも当然自然の中での当たり前の営み。 でも、だからと言って農薬は使いたくないと思う方もたくさんいると思いま...more

植物の種類に応じた培養土の特徴と配合の参考例。

  それぞれの植物の種類に適した培養土も市販されているので、そちらを使用するのも便利なのですが、植物の種類に応じた土の特徴を知っておくと自分で臨機応変...more

1 2