植物を育てるためのヒントや方法の備忘録。

木酢液

病害虫の予防にも効果的な木酢液の概要と使い方

昔からの知恵として残されてきた木酢液。植物の栽培においても効果的な使い方があると伝承されてきました。特に、有機栽培に対しての貢献が期待されます。ここでは、木酢液...

コンテナ栽培における古い土の再生の仕方の基本。

  栽培の終わった土や1年~2年植物を育てた土は養分もなく、粒も細かくなって、排水性も悪くなってしまっています。雑菌や虫や古い根、ゴミなども混入してい...

ニームの苗木

ニームの概要と使い方の参考。虫の忌避効果が期待できる。

化学農薬の代替として期待されているものがあります。自然由来の力を利用するので有機農業においても選ばれているものです。 ニームはその一つとして家庭菜園や有機菜園に...

イタリアンパセリの種採取

イタリアンパセリの種、採取方法。

  イタリアンパセリは、1年~2年草として分類されています。   一年目は葉が柔らかいのでトウ(花芽)が立ったら摘心して花を咲かせないように...

唐辛子の編み込み乾燥

唐辛子(鷹の爪)の収穫とドライの方法。

花が咲いてから、2~3週間経つ頃から収穫のタイミングがやってきます。日数は目安なので、青唐辛子としてなら赤く染まる前に、赤唐辛子としてなら赤く染まったら、タイミ...

植物の栽培における肥料と与え方の基本

  地植えなどでは肥料を与える必要はないと言われますが、それは落ち葉や有機物が微生物などの働きによって分解され、養分の供給が自然の循環の中で行われてい...

無農薬栽培のための自然農薬。害虫&病気対策溶液のまとめ。

  植物を育てている以上、虫はつきものです。虫が食べに来るのも当然自然の中での当たり前の営み。 でも、だからと言って農薬は使いたくないと思う方もたくさ...

植物の種類に応じた培養土の特徴と配合の参考例。

  それぞれの植物の種類に適した培養土も市販されているので、そちらを使用するのも便利なのですが、植物の種類に応じた土の特徴を知っておくと自分で臨機応変...

コンテナ栽培するための基本用土と改良用土の種類。

  土は植物が育つための最も基本的な部分。最近はそれぞれの植物に最適化された培養土が流通するようになっています。 それでも、知識として知っていれば応用...

堆肥を自分で作って生ごみ削減。コンポスト作りを生活に取り入れる。

露地栽培ももちろんですが、植物をコンテナ(プランターや鉢)で育てるとなると、土の栄養分もなくなっていくので何かしら栄養分や微生物を活性化させる施しがいずれ必要に...

ベビーリーフを育てる。育て方の基本を知りたい。

  ベビーリーフとは、いろいろな野菜の若葉を総称した名前です。赤ちゃん野菜たちですね。発芽後30日のものが目安で、5cm~10cmのものを収穫していき...

スプラウトの種類と育て方。インドアガーデンとしても楽しめる。

  スプラウトで遊びたかったのです。なんだかちょっぴり隠れ家的存在のスプラウト。やっている人はやっている。自分で育てるとなお、魅力的に日常を彩ってくれ...

ハイドロカルチャーで植物と素敵に暮らす。

  植物をもっと身近に暮らしの中で楽しみたい。そんなとき、「ハイドロカルチャー」と呼ぶ水耕栽培が適しています。ハイドロは水、カルチャーは栽培を意味しま...