Linobase

自然とつながる

韓国風豆腐のチョリム丼

記事内に商品のプロモーションが含まれる場合があります。

お豆腐を甘辛い調味液で煮て、ご飯に乗せてどんぶりにしました。つゆだくの丼もの用になっていますが、水気を少なくすれば副菜としても重宝するので作り置きにもできます。

季節のお野菜、ほうれん草や小松菜、水菜など好きな野菜を入れてアレンジしても。冷蔵庫で余ってしまった野菜を使い切りたいときにもインスタント的にすぐに食べたいときにも簡単にすぐに作れます。うどんなどを絡めても美味しくて、癖になるパンチの利いた味わいです。

粉末昆布 昆布粉 だし粉 100g 北海道産昆布

粉末昆布 昆布粉 だし粉 100g 北海道産昆布

898円(05/28 19:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

材料

(2人分目安)

ご飯    2合

豆腐    1丁

ネギ    1/2本

ニラ    4~8本(お好みで)

にんにく  1~2片(すりおろし)

ごま油   大さじ2

醤油麹   大さじ2

酒     大さじ1

濃縮甘酒(みりん) 大さじ2

コチュジャン 大さじ2

粉末昆布   小さじ2

水     200㏄

作り方

ニラは3cm幅に。ネギは粗みじん切り。

(好みでネギは斜め切りを少々、青い部分も刻んで入れても)

豆腐は横半分にカットして、さらに4等分に。(8個のカット豆腐ができる状態)

ボールに水、にんにく(すりおろし)、ごま油、醤油麹、酒、濃縮甘酒(みりん)、コチュジャン、粉末昆布を入れて混ぜて合わせ調味料をつくる。

そこにみじん切りのネギを入れて和えておく。

 

フライパンに豆腐を並べ、ニラを散らして、合わせ調味料を回しかける。

斜め切りしたネギや刻んだ青い部分も入れる場合はこのタイミングで。

 

ふたを閉めて、10~15分程度煮込む。(時々ふたを開けてなじませながら焦げないように)

炊いたご飯に乗せたら完成。