思うこと。希求。それは…

生きるための営みと仕事を曖昧にしたい

菜食料理

 

生きていくということは、命を繋いでいくということですよね。

命を繋いでいくということは、日常の積み重ねということになる。

 

で、その日常を積み重ねていくことの中に、働くということがあるじゃないですか。

その働くということをお金を稼ぐための労働だと捉えたくないというなんともわがままな奴が私です。

 

言葉が足らないと誤解されそうなので、付け足しておくと、働きたくないと言いたいわけじゃなくて、生きる営みに直結する日々を季節と共に文化的に過ごしたいということなのです。

 

一生懸命にやる何かも、がむしゃらにやる何かも、やらされてするもので埋め尽くしたくないというのが営みと仕事を曖昧にしたいということの本質。

 

そして’社会’というものにどっぷりつかって、自分じゃ何もできなくなってしまうということへの焦りというか、なんか違うんじゃない?感。

 

例えば、季節に寄り添って保存食を仕込んだり、野菜を作ったり、木工に勤しんだり、自然と戯れたり、文学に夢中になったり、情緒的な日々を生きる営みとして紡いで行きたいと心底、願っていたりするのが私。

 

でも、あれ?それって具体的にはどんなことなんだろうって、シンプルなことなのに難しく考えちゃったりするものだからたちが悪くて。

 

これでも全部を説明できてはいないと思います。何も原始時代のような暮らしをしたいと言っているわけではないので。

 

現代社会では(少なくとも日本では)、先立つものがなければ、まず生きられない。お金を稼いで住む場所と食べるものを得なくちゃいけない。後、税金も払わないとだし。

 

それは、どんなに自然に寄り添った生活をしようと変わらないけれど、自然に寄り添う営みの度合いが大きいほど、心が疲弊するほどに切羽詰まった働き方と生活をしなくて済むような気がしています。

 

これは欲というものをどれだけシンプルにするかということにも繋がっていって、日本のような選択肢や物が溢れている社会でどれだけシンプルな選択をするかということを考えることでもありました私の中で。

 

 

私は地方都市出身で都会ではないけれど、田舎とも呼べない場所で人生を過ごしてきて、私は自分の手で何かを作り出して、それを糧に日々を営むという方法を長年ないがしろにしてきたような気がしたのです。

 

言わば、誰かが作ったものを右から左へ流し、生きるために働くと言いながらそれはどこか空虚感が漂う作業のようなものだと感じてしまっていたのです。

 

さかのぼれば、学校で教わったことの大半は、営むための術ではなかったような気がして。

いつも何か違和感があって、どうしてこんなに心地が悪いんだろうと、もがいていました。

 

そんな中で、やりたいことや達成したいことの一つに「半自給自足」が加わっていました。それが言わば、生きるための仕事と営みがあいまいになった状態と言えそうで。

 

もちろんそれだけじゃなくて、仕事としてできることはチャンスや機会が巡ってきたときには挑戦したいし、がむしゃらに仕事をすることもあるかもしれない。

 

でも、それが文化的で情緒的で自然的、工芸的、伝統的なものからの発生であることを自らに期待しています。それが様々な問題を抱えている現代社会に何かしらの貢献ができる一つのエッセンスにもなるかもしれないと。

 

難しいことばかり考えなくても、楽しむことと、問題と向き合うことをバランスよくこなしながら営んでいく。

 

そんな営みの基盤には自然との触れ合いが必要不可欠だということを私という人間は求めています。

いろいろな生き方があるのでそれぞれですが、少なくとも私は都会での暮らしから自然の中での暮らしを選ぶ道を歩みだしました。

 

でも、0から1にするのがすごい大変なんですよね…。1にしてしまえば加速度を増して、いろんなことが進んでいくもの。まずはできることからはじめて。意外にもできることはたくさんあって、そして勉強することもたくさんあって。一つ一つ達成していこうとコツコツ毎日を過ごしています。

 

そういう意味では、

 

「隣の芝生は青く見える」という典型なのかもしれないけれど、田舎の農家出身の人がたまらなく羨ましかったりします。もちろん大変なことはたくさんあると思うんですが、中身のある暮し方という価値を私個人では感じるのです。

 

自然と寄り添った暮らしということを当たり前にしていて、営みにしている。そしてそれを先立つものに変えながら。

 

とても浅く聞こえてしまうかもしれないけれど、私は農”業”をしたいと言っているわけではなくて、小さな自分のための農園を当たり前に持てるような暮らしをしたいのです。「自給農法」というものですね。それはいつか必ず実現させるつもりで動いています。

 

スローライフやロハスと言えば聞こえはいいですが、飾られた言葉を借りずに、当たり前の日常にもっと、自然を添えておきたいだけ。実際は自立した泥臭い暮らし方でもあると思うのです。そこが現代でどう洗練させたナチュラルな暮らしをできるかを考えるのも楽しいじゃないですか。

 

そしてクリエイティブに過ごしたい。自ら考えて、作っていく日々はもちろん大変だけれど、その大変さが夢中になれる大変さであれば健康的な心で過ごせると思うのです。

 

都会に住んでいても(都会といっても「とかいなか」と呼ばれている地域だけど)、もっとナチュラルな暮らしというのを日々実践して行きたいと思います。見つけながら、取り戻しながら。

 

目を閉じて遥か先の未来をイメージしてみるとテクノロジーを駆使した洗練された自然の中の暮らしが見えてきたりします。

 

科学と自然が調和した理想的な世界は、まず情緒的な側面からアプローチしていかないと始まらない気がします。

 

essence-life.jp

NEW ENTRY

地球と社会と個人の暮らし。世界は個人の暮らしの集合でできている。
マシュルームと玉ねぎ
とりあえずのランチ、とりあえずのディナー、とりあえずのおやつ。
一輪の水仙
欲を抑えたら、人生はもっと豊かになると思う。
世の中は相対的なもの。自分のイメージを作り出すための行動だけが意味を持つ。
ミニマリスト。目指したいのはミニマムじゃなくてミニマル。
感謝を忘れそうなときでも感謝できる存在。
どうせ、「立ち向かう力」みたいなの湧き出てくるから、逃げたいときはとことん逃げればいいと思ってる。
無意識のレベルで環境や人に優しくあるにはどうしたらいいのだろうと考えたりしてる。
おいしいベランダ
情動の風。春は情緒不安定?
油揚げ焼き
最近ハマっているおやつ。
星の王子さまの本
世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。
麻袋
心ときめくもの。
サンキャッチャー
暮らしを自然を意識して再構築してみようと思う。
多面的な世界の果てで。正しいも正しくないも流動的なもの。
ありのままにいるということの難しさみたいなもの
ハッピーのエッセンス。「自由」という状態が幸せのベースであると強く思う。
夕映え
自然の中の発見と出会いはそこら中に散らばっていて。
新芽の季節
春を迎えて、小さなベランダガーデンも少しずつ賑やかになってきました。
イントロダクション
雨降って、晴れたとおもったら、時々曇って、土砂降りの雨で、快晴。それで上出来。
菜食料理
生きるための営みと仕事を曖昧にしたい
人生は暇つぶしだ。
紫陽花
雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。
夕映えの桜
春ってあきないね。
虹と空
未来を創造する方程式
ドイツ村のイルミ
光と心の共鳴は果てしない。
夕映えの海に浮かぶ鳥居
シンプルな世の中の法則
理想に向かって
理想論を語ることの大切さ。現実を言い訳にしても先には進めない・・・。そう思う。
黄昏と・・・
幸せも不幸も最後まで完結しないよね、きっと
仮想通貨が下層通貨に
ビットコインは利己的な目を拒絶する。支配や権力の分散のための現実的なプロセスの種蒔きだね。
ガーデン
大自然の中にマイガーデンを持ちたい