思うこと。希求。それは…

世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。

星の王子さまの本

おちゃらけて、ふざけて何も考えてないふり。いつも難しいことばかりを考えているわけではないけれど、それでも考えなくちゃいけないことだらけの世の中なので真面目に考えることも大切だと思っている私。

 

何も考えないようにしているときは楽だけれど、しっかり考えて向き合える相手と人生を共にしたいとしみじみ感じる今日このごろです。

 

まぁ、いろいろあったんです。ため息が出てしまうようなことが。

 

しっかり考えて誰かと気持ちを共有するって大事なことですよね。”楽しければそれでいいじゃん”って難しい話を極端に避けようとする人にはちょっぴり抵抗があります。

 

バランスって大事だと思うんです。どっちかに偏ってももちろんダメなのですが、考えることをしなさすぎるのも、ちょっとしらけちゃうんですよね…。

 

まぁ、凡人の私が考えていることなんてたかが知れているのですがヾ(´ω`;)。

 

「世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない」これは金八先生というドラマで金八先生が言ったセリフ。

 

当時中学生だった私は、全身に鳥肌が立って身震いしたのを覚えています。

何かにもやもやしていた私の心に、突き刺さったその響きが、しばらく離れなくなったんです。

 

この言葉は詩人の宮沢賢治という人が人生で行った活動の中で彼が記した言葉らしいのですが、この言葉の解釈というか意味はきっと幅が広い。

 

  宮沢賢治の真実 : 修羅を生きた詩人

 

私自身が密かに抱いていた社会の中の”循環不全”という疑問に名前を付けてくれたようなそんな感覚を感じたんですよね。このひとの心の中のどんな種から生まれた言葉なのかは想像するしか出来ないですけど。

 

「社会の循環不全」

 

まあ、そんなわけで、したいこと(楽しいこと)、しなければいけないこと(考えなければならないこと)のバランスをすごく、ものすごく意識するようになったのかなと感じています。

 

”したいことだけして生きる!”と胸を張って自信を持って言うにはちょっと、私には恐れ多くてできません。

 

そんなことを考えたからと言って、私が何かたいそうなことをやっているわけではないのだけれど。

 

何か社会にインパクトのある革命を起こしているわけでもなく、日々淡々と生きているに過ぎず、きっと私もその循環不全を生み出している当事者のひとりなのだと内省し、考えるのです。そして行動の軸にし、日々精進していこうと。

 

楽しいことは楽しいし、嬉しいことはうれしいから、たくさん味わいたいけれど、それにどっぷりつからないように自分を律するような意識を頭の片隅に置いて、いろいろな問題を自分なりに考える時間も作ったりして。

 

言葉には出さなくても考えることで生まれる思慮は自分の行動のベースになるから少なくとも無駄ではないと思っています。

 

世界が良くなることを願うことはイコール、自分の生活をみつめて、自分が望む暮らしに向けて行動していくことと同じなんですよね。

 

ひとりがたった一人の大切な人を全力で幸せにするために生きたら、世界中が幸せになっちゃうんですよ。世界は”ひとり”の集合体ですから。

 

意外と単純なのかもしれないんですが、単純なことが複雑になってしまっているのが今の世の中なんだよなぁ…。

 

なんて、ひとり想いが巡った夜でした。

 

m(_ _)m

 

essence-life.jp

NEW ENTRY

地球と社会と個人の暮らし。世界は個人の暮らしの集合でできている。
マシュルームと玉ねぎ
とりあえずのランチ、とりあえずのディナー、とりあえずのおやつ。
一輪の水仙
欲を抑えたら、人生はもっと豊かになると思う。
世の中は相対的なもの。自分のイメージを作り出すための行動だけが意味を持つ。
ミニマリスト。目指したいのはミニマムじゃなくてミニマル。
感謝を忘れそうなときでも感謝できる存在。
どうせ、「立ち向かう力」みたいなの湧き出てくるから、逃げたいときはとことん逃げればいいと思ってる。
無意識のレベルで環境や人に優しくあるにはどうしたらいいのだろうと考えたりしてる。
おいしいベランダ
情動の風。春は情緒不安定?
油揚げ焼き
最近ハマっているおやつ。
星の王子さまの本
世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。
麻袋
心ときめくもの。
サンキャッチャー
暮らしを自然を意識して再構築してみようと思う。
多面的な世界の果てで。正しいも正しくないも流動的なもの。
ありのままにいるということの難しさみたいなもの
ハッピーのエッセンス。「自由」という状態が幸せのベースであると強く思う。
夕映え
自然の中の発見と出会いはそこら中に散らばっていて。
新芽の季節
春を迎えて、小さなベランダガーデンも少しずつ賑やかになってきました。
イントロダクション
雨降って、晴れたとおもったら、時々曇って、土砂降りの雨で、快晴。それで上出来。
菜食料理
生きるための営みと仕事を曖昧にしたい
人生は暇つぶしだ。
紫陽花
雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。
夕映えの桜
春ってあきないね。
虹と空
未来を創造する方程式
ドイツ村のイルミ
光と心の共鳴は果てしない。
夕映えの海に浮かぶ鳥居
シンプルな世の中の法則
理想に向かって
理想論を語ることの大切さ。現実を言い訳にしても先には進めない・・・。そう思う。
黄昏と・・・
幸せも不幸も最後まで完結しないよね、きっと
仮想通貨が下層通貨に
ビットコインは利己的な目を拒絶する。支配や権力の分散のための現実的なプロセスの種蒔きだね。
ガーデン
大自然の中にマイガーデンを持ちたい