思うこと。希求。それは…

6月末の早朝。お散歩のゴールデンタイム。

静寂の町

 

6月も終わりに近づいてもうすぐ夏です。この6月の今日、梅雨ではあるのだけれど、早朝は気持ちの良い青空と適度な湿度と、適度な気温で暑くもなく寒くもないという正に理想的なお散歩日和でした。

 

時間帯は朝の4時半~5時ですね(笑)早いけれど、この時期の貴重なお散歩ゴールデンタイムだと思っています。

 

 

北半球では、6月は正に初夏でサンシャインシーズン。ヨーロッパでは乾季に当たり、草花も多種多様に咲き誇り、気候も穏やかな季節です。故にジューンブライドとして海外では結婚式をあげる時期として好まれていますよねー。(ジューンブライドと呼ばれる意味については諸説ありますが、理由の一つとして気候があげられています。)

 

ですが、ここ日本では梅雨なのです。でも、まさにそのサンシャインシーズンを味わえる日がスポットであったりします。今年の梅雨は特に梅雨らしい梅雨でもあるのですが、時々バランスよく晴れる時間帯が多いように感じています。

 

そして、梅雨の合間に覗かせた晴れ間、6月末の早朝はとても気分の良い最高なお散歩ゴールデンタイムだと、しみじみと実感しました。

 

しかも、人気もなく静かで、自然の音だけが響く早朝。

 

 

現実の雑踏を現実の中で切り離せるイメージでしょうか。対処しなければいけない現実を包み込んで、ニュートラルにしてくれるこういうひとときはとても貴重です。

 

立ち止まって、自分を顧みる。

すごく難しいことだけれど、それをするために自分が身を置く場所を自分で決めなければいけない。何言ってるんでしょうね。

 

 

アジサイもまだまだキレイに咲き誇り、

 

 

 

町はまだ眠りから覚めていなくて、自然の中に抱かれている。そんな印象の街並みもとても好きです。

 

 

 

アラウンド夏至のシーズンは、町の静けさと日の出がとても強いコントラストを演出するんです。時間帯が早いから活動のエネルギーが感じられないけれど、太陽のエネルギーは心地よく降り注いでいる。

 

ほんとにこの時間帯のお散歩サイコーです。季節限定なのでとても貴重なゴールデンシーズンとゴールデンタイムです。

 

春も夏も、秋も冬も、それはそれでまた違った顔があって素敵なのは確かなのですが、気候と太陽と静寂と草花という総合評価では断トツで、6月の早朝が1位ですね♪(晴れの日限定ですが)

 

 

カラスが黄昏ていました。

 

essence-life.jp

NEW ENTRY

映画「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」観たら、未来を見ているような感覚になりました。
夕映えの海に浮かぶ鳥居
ボーとする時間があれば、たぶんなんとかなる。
DIY熱再燃。キッチンの空間づくりを構想中♪
エネルギーの高い言葉で心とつながりを強化する。言葉遊びしたくなってきた。
静寂の町
6月末の早朝。お散歩のゴールデンタイム。
ランドリーバスケット 北欧
ズボラをクリエイティブするランドリーバスケット。
勉強する癖がつけばやっぱり強いよねと言う話。
勉強する癖がつけばやっぱり強いよねと言う話。そうなりたいよねっていう憧れ。
敏感で繊細でいい。
敏感で繊細で感受性が強いって最高じゃないか。気を使うということは奉仕精神の最小単位だと思う。
地球と社会と個人の暮らし。世界は個人の暮らしの集合でできている。
マシュルームと玉ねぎ
とりあえずのランチ、とりあえずのディナー、とりあえずのおやつ。
一輪の水仙
欲を抑えたら、人生はもっと豊かになると思う。
世の中は相対的なもの。自分のイメージを作り出すための行動だけが意味を持つ。
ミニマリスト。目指したいのはミニマムじゃなくてミニマル。
感謝を忘れそうなときでも感謝できる存在。
どうせ、「立ち向かう力」みたいなの湧き出てくるから、逃げたいときはとことん逃げればいいと思ってる。
無意識のレベルで環境や人に優しくあるにはどうしたらいいのだろうと考えたりしてる。
おいしいベランダ
情動の風。春は情緒不安定?
油揚げ焼き
最近ハマっているおやつ。
星の王子さまの本
世界全体が幸せにならないうちは、一個人の幸せはありえない。
麻袋
心ときめくもの。
サンキャッチャー
暮らしを自然を意識して再構築してみようと思う。
多面的な世界の果てで。正しいも正しくないも流動的なもの。
ありのままにいるということの難しさみたいなもの
ハッピーのエッセンス。「自由」という状態が幸せのベースであると強く思う。
夕映え
自然の中の発見と出会いはそこら中に散らばっていて。
新芽の季節
春を迎えて、小さなベランダガーデンも少しずつ賑やかになってきました。
イントロダクション
雨降って、晴れたとおもったら、時々曇って、土砂降りの雨で、快晴。それで上出来。
菜食料理
生きるための営みと仕事を曖昧にしたい
人生は暇つぶしだ。
紫陽花
雨の日の憂鬱は人間の自然な生理現象。